LEDの影響
牛伏寺と周辺


厄除観音 松本市 金峯山牛伏寺
自然豊かな金峯山ということでしたが、出かけてみると


上り坂上を向くヘッドライトに沿うように、山肌が崩れています。



松林も何かおかしく

      

     


牛伏寺が近づくにつれ



異様で、ひどく弱った木々に次々と出会います。

     


     


ほとんど木肌がなくなっている松

     
かすかに残る木肌が蛇のウロコの様



桜はどれもひどく苔むしています。

     
     




つる類が垂れ下がり
     

不気味な様相の木も多くみられます。
     





環境保全地域ということですが、実際に目にした風景は
とても健全・健やかとは思えない木々たちの姿です。


駐車場につきました。

   
ここでも桜は苔むし、うねうねし、樹皮がなくなっています。
  


環境保全地域のはずですが・・・・
     


看板横、根が出てしまっています。


やな感じですが進んでいきます。
     


通り抜けるのを怖いと感じました。
     


山門の足元が変色しています。

 
不自然な枝
   
切り株

 
こぶ
   


入ります。
     


庭は、手入れの行き届いていますが、木の幹は
     
ひどく苔むしています。


 
なぜかしめ縄がされていて
   
なぜか牛に賽銭箱があります。


 とても重く異様に感じた空間です
   
隣にあった?なもの


     
階段を上ります。
      




     
弘法大師像の横の木は、ひときわ異様な姿を見せています。






池の方に行くと
     


とくに厳しさを感じた銀杏?

     


一回りして門を出ると
         
こんな木々が目に入りました。

石垣は橙色になり

土がぱっくりと割れていていました。


ここへ行く途中の風景は異常で、実際に感じられた空気感はとても重く
生命の動きが止まるようでした。
真言宗で行われている祈祷修行が、
周囲の環境(山々・自然界)に重くLEDと同じ影響を与えていると感じ
地球の異物、と浮かびました。
(2017.5.4撮影)



 LED感染(1)    LEDの影響へのリンク

こちらで全国のLEDの影響の映像が見られます。
LEDの影響(1)  (2)  (3)  (4)  (5)  (6)  (7)  (8)