LEDの影響
長野県庁周辺 ①


長野県庁の周辺を歩いてみました。




左手、議会棟は


「平成25年竣工」の「免震構造物」となっていますが

     
雨水の跡や

   
柱には、亀裂の補修跡


石の床には
   
亀裂ができていました。

柱の根元に、亀裂と隙間があると思うと
建物?歩道?わきのアスファルトが
     
建物に押されたかのように盛り上がっていて

側溝に段差が見られ
 
アスファルトには亀裂があって、沈下が見られます。




地下駐車場のコンクリートは

どの壁も

雨水がLED化したことによる、はげしい亀裂と溶け出しが見られますが
   

     
補修され、きれいに見えるところにも亀裂が見られ

 
それは裏側も同様です。


駐車場前の歩道は、沈下が見られますが
     
水たまり跡からも、それはうかがえます。




本館棟への階段には

LED化した雨水の影響が見られますが

本館ロビーの床には
       
何本もの亀裂が見られ、土台の異変が感じられます。




コンクリートに異変が見られ

階段からは、LED化した雨の影響で、何かが溶け出しています。


通りに向けて歩き出すと


     
点字ブロックが浮いています。


長野県庁周辺②


全国のLEDの影響「ゼロ感性」